自動車保険

自動車保険

自動車保険

加害者が保険に加入していなかったとき・ひき逃げされたとき時折、任意保険に加入していない運転者がいます。

 

死亡事故の場合、多くのケースが自賠責保険だけでは損害等のカバーできません。それでは不足分を加害者に直接請求してもいいのでしょうか?

 

当然可能です。

 

しかし、任意保険にも加入しない運転者に、賠償金の支払い能力があるかどうか。

 

不安ですよね。ましてや飲酒運転やひき逃げなど重大な過失事故の場合、加害者は逮捕され、刑務所に入り、解雇されてしまうと多額の賠償金を支払ってもらう可能性はほぼ0です。

 

では、どうするのか?泣き寝入りするのはまだ早いですよ。あきらめず、まず自賠責保険に請求をし、死亡の場合の自賠責保険金額の3000万円を確保します。


自賠責保険

考えるのも恐ろしいことですが、加害者が自賠責保険にすら加入していなかったら?

 

この場合には、「政府補償事業」という制度を利用します。加害者が自賠責保険に未加入の場合や、ひき逃げで加害者がわからないといった場合などに、自賠責保険と同額を政府が補償する制度です。必要書類は保険会社にありますので、問い合わせましょう。

任意保険

それでもまだまだ不足の場合は、被害者の任意保険の内容を確認してみましょう。

 

自動車の任意保険というと、自分が、万一加害者になったときのためにかける保険だと思っている人が多いのですが、実は、自分が被害者になったときに使える保険もあるのです。

 

主なものに、@搭乗者傷害特約 A人身傷害補償特約 B無保険傷害特約 C弁護士費用特約があります。

 

それら特約がある場合には、自分の遭った事故に適用があるかどうか、約款をよく読んで確認するか、保険会社に確認してみましょう。そして、使える保険を使って、もらえるべき補償を受けましょう。

 

被害者自身がこれらの特約をつけていなかったら、自動車を保有し、保険に加入している同居の家族がつけていないか調べます。実は、人身傷害補償特約や無保険者傷害特約は、保険を契約している人だけでなく、同居の家族が人身事故に遭ったときにも使えるよう規定されていることが多いからです。

 

被害者が独身の場合には、別居中の両親の任意保険にこれらの特約があれば、適用されることがあります。

 

へぇーっと思ってこれを読んでいるあなた、保険証書を取り出して即、確認です。面倒ですが、小さな字で書いてある約款にもこの機会に目を通しておきましょう。

 

このように、自動車の任意保険は、自分が加害者になったときのためだけでなく、自分や自分の家族が被害者になったときにも威力を発揮します。自動車を所有している人は、必ず任意保険に加入するとともに、保険料の金額だけにこだわらず、よく補償内容をチェックしたうえで保険に加入することをおすすめしたいし、必要があれば早めの見直しをしてほしいと思います。特約があるかどうかという、ほんの少しのことが事故後の生活を大きく左右します。

保険の知識を身につけることが大事

交通事故は、一生に一度遭うかどうか、ほとんどの人は遭いませんし、遭ってほしくないのですが、この車社会、明日はわが身です。

 

多くの人は、事故の補償や事故に関する用語など、知識がないでしょう。そういう私も全くといっていいほどありませんでした。

 

保険の知識も、知っているのと知らないのとでは大変な違いが出てきます。被害者自身も知識を身につけることが大切です。