示談金について加害者側と話し合いがつかない場合

加害者と折り合いがつかない!!どうしたらいいの?

示談金について加害者と折り合いがつかないということはたびたびあることです。

 

その理由のひとつとして、任意の自動車保険は示談代行付のものが多く、事故を起こした後、保険会社が加害者に代わって被害者と示談交渉を行うことが多いため、「加害者が謝罪に来ない。」「保険会社にまかせっきりで何もしない。」と、被害者の感情を害することがあり、そのために話がこじれることがあげられます。

 

加害者にとっては便利なサービスではありますが、被害者の心情を考え、保険会社にまかせっきりにしないで、保険会社の人と一緒に被害者に会うなどして、誠意を尽くすことも解決には欠かせないことです。

 

二つ目の理由として、保険会社は賠償金額を低めに抑えようとします。そのため、提示額が低く、示談交渉が進まないということが起こります。

 

加害者も交通事故相談所などで適正な賠償金額を算定してもらって、保険会社と相談するという姿勢は必要だと思います。しかし、私の経験から、これで賠償金額のアップにつながるかというと、残念ですが、これは限りなく不可能に近いです。ですが、加害者のできる限りの努力をするという姿勢は、被害者にマイナスの印象は与えません。


損害賠償額について

 損害賠償額が、自賠責保険金額を超える場合に、その超えた金額を支払うのが、任意保険です。保険会社は自社内部の支払い基準に基づいて計算し、その計算書を持って被害者宅に示談に訪れます。一般的に、低めの金額が提示されます。

 

これに納得できなければ、裁判をした場合のケースに従って、増額するように交渉を繰り返します。私は、示談交渉のあと、交通事故相談所へ行き、今後の対応などのアドバイスを受けたりしました。

 

しかし、いつか保険会社は必ずこう言います。「うちではこれ以上あげられません。どんなにおっしゃっても無理です。」と・・・。ここで「そうか・・・」とあきらめてはいけません。保険会社の挑発に乗って、示談書にハンコを押してはいけません。もう十分と思われるのならそれでもいいかもしれませんが、ほとんどの場合、納得のできる金額を提示されることはありません。

 

納得がいかないからと、話し合いをしないままでいると時効を迎えてしまいます。あきらめず、交渉をし続ける努力が必要ですが、どうしても話し合いがつかなければ、最後は裁判所に調停・訴訟を申し立てるしかありません。

調停・訴訟手続き

調停は、裁判所の調停委員が被害者・加害者双方の言い分を聞いて、公正な立場で解決をはかります。訴訟より費用も安く、手続きも簡単で、調停が成立すれば調停調書が作られ、訴訟による判決と同等の効力があり、強制執行もできますが、調停は当事者同士の話し合いで、どちらかが同意しなければ不調に終わってしまいます。

 

示談や調停が成立しなければ、訴訟を起こして強制的に解決をはかるしかありません。

 

訴訟を起こすには訴状を裁判所に提出し、裁判所は証拠を調べ、判決を言い渡します。判決が出ても、賠償金が支払わなければ、強制執行をすることができます。

 

訴訟費用がない場合は、法テラスが審査のうえ、費用を立て替えてくれます。利用するには、勝訴の見込みがある(勝訴の見込みがないとはいえない)、和解・調停の見込みがあることや収入の基準などの条件があります。裁判が終わった後で、費用を返済します。

示談のあっせんを受ける

 さて、私もなかなか示談交渉が進みませんでした。相談をしていた弁護士から訴訟を起こすことを勧められ、手続きについて説明を受けました。訴訟に必要な書類も入手しました。私の家族の場合、加害者の過失が100であることは明確で、訴訟を起こしたら確実に賠償額がかなりアップすると言われていました。

 

しかし、賠償金がアップしても、争いごとの大嫌いだった故人が訴訟を起こして喜ぶのか?という思いもありました。悩みぬいた末、訴訟は起こさず、「交通事故紛争処理センター」に相談し、「示談のあっせん制度」を利用することにしました。

 

あっせんの申し込みをすると、センターでは、双方の関係者(私の場合は、私と加害者側の保険会社)を呼び、くわしく事情を聞いたうえで、賠償額の計算を行い、あっせん案を提示してきます。専門の弁護士が公平な立場であっせんしてくれるので、信頼できますし、比較的短期間で解決できたのはよかったと思います。

 

結果、「訴訟を起こすとこれくらいの賠償額になるでしょう。」と相談した弁護士に言われたものより低いものの、納得いくものとなりました。

示談交渉にあたって

「誠意を見せろ!!」と被害者や遺族が加害者に怒鳴るシーンがテレビに出てきます。

 

体験から言うと、始めから相手に誠意など求めないことです。誠意を尽くすかどうかは、加害者の人間性の問題であって、「この事故について、私はこうすべきだと思う。私だったらこうするのに。」と、それを相手に求めると腹が立ちます。

 

そういう思いで交渉に臨むと、売り言葉に買い言葉、保険会社の挑発に乗り、キレてその勢いでハンコを押してしまったなどということになり、後悔したという方に会ったことがあります。相手はプロです。素人の私たちは冷静に対応し、実利を追求することだけを考えましょう。